きものメンテナンス

保管場所
なるべく湿気の少ない場所で保管してください。桐たんすが最適です。紙やプラスチック製の衣装箱は湿気の原因になり、カビを発生させてしまいます。
防虫剤
正絹は虫がつきにくいといいます。防虫剤はなるべく少なめに着物に触れないように配置してください。防虫剤は多種類使わないようにしてください。化学反応をおこしヤケの原因となります。防虫剤よりは乾燥剤(きものシリカゲル)がおすすめです。
風通し
きものの管理が面倒だとおっしゃる方が非常に多いです。せめて年に2回春秋の乾燥した時期に程度箪笥の引き出しを開けてほしいです。
当店はきものアフターケア診断士のいる店です。何かお困りの事が有ればお気軽にご相談ください。